音楽教室、英語教室、楽器販売のハマヤ楽器

ハマヤ楽器|ヤマハ音楽教室

ヤマハ音楽教室 幼児科

株式会社ハマヤ|幼児科
体験レッスンオンライン予約はこちらから
資料請求はこちらから

 

開催センター

 

 

 

レッスン風景

 

「耳の力」がぐんと伸びる4~5歳が音楽の始め時です

人間の聴覚がもっとも発達するのは、4・5歳のころ。
この時期にたくさんの音楽を聴き、歌い、弾く体験を重ねること、“こころ”と“からだ”で、まるごと音楽に向き合うことで、音楽のさまざまな表情やニュアンスを聴きわける耳が育まれます。
なんでも吸収する年齢なので、ステキな音楽にふれることで積極性が育まれ、創造力や感受性など、豊かな心が育ちます。

 

聴力発達グラフ

 

 

幼児科のレッスンでめざすのは、音楽を楽しむために必要な基礎力

具体的には「音楽を聴いて感動できる心」「音楽的に聴ける耳」「自分を表現したいという意欲」を養うこと。

それを受けて開講直後のレッスンでは、鍵盤を弾いたり楽譜を読むことよりも、まず「先生の演奏やCDの音楽をしっかり聴き、それをまねして歌う」ということが重点的におこなわれます。

そのことを通して培われた音楽的な耳の力や表現力が、その後の鍵盤演奏や読譜の体験を、より深く、充実したものにしてくれるのです。

 

レッスンイメージ写真

 

 

幼児科のレッスンで取り組むこと

ステップ1【きく】
先生の演奏やCDで曲を聴き、「歌いたい」「弾いてみたい」という気持ちを喚起します。それと同時に「音楽をかたち作るさまざまな要素全体(音楽をまるごと)を聴きとれる耳」を養っていきます。

 

ステップ2【うたう】
歌詞やドレミで歌い、曲の表情やニュアンスを表現します。先生が歌ったり弾いたりするメロディーを聴き、それをまねして歌うことで、音楽を確実に把握していきます。

 

ステップ3【ひく】
片手ずつからはじめ、両手で1曲弾けるようにしていきます。また、弾くことを通して、ソルフェージュ力やハーモニー感、人と合わせる感覚、かんたんな伴奏付けなど、総合的な音楽力も身につけていきます。

 

ステップ4【よむ】

弾いた曲の楽譜をドレミで歌いながら指で追ったり、そのメロディーをマグネットで五線上においたりします。「聴いて歌って弾いたものを、最後に楽譜で確認していく」ことによって、少しずつ楽譜に対する興味づけをおこなっていきます。

 

 レッスンイメージ写真

 

よくあるご質問

保護者が音楽について詳しくないので、ついていけるか心配です。

 ▼▼▼

主役はお子さんですから、心配ありません。指導は担当の講師が責任をもって行います。指導内容について保護者の方に難しいことをお願いすることはありませんので、ご安心ください。ヤマハ音楽教室では、レッスンでお子さまといっしょに音楽を楽しんでいただくことが大切だと考えています。

 

 

ヤマハ音楽教室と近所にある個人ピアノ教室との違いは?

 ▼▼▼

ヤマハは演奏力だけでなく、総合的な音楽力を育みます。一般的な個人のピアノ教室は楽譜を読んで弾くことに重点をおいている場合が多いかと思います。いっぽうヤマハ音楽教室は、年齢に合わせて「弾く」「聴く」「歌う」「読む」「つくる」の5つの要素を組み込んだ総合音楽教育をしています。耳の発達が著しい4・5歳児は幼児科で「きく(聴く)こと」に重点を置きながら音楽力の基礎を学び、指先の発達が著しくなる6・7歳のジュニア科やジュニア専門コースは、演奏力やアレンジ力を養います。

 

>>その他のご質問はこちら<<

 

概要・料金

入会対象 開講時に満4歳以上6歳までのお子様  
開講月 5月・11月
レッスン形態 1クラス10名程度のグループレッスン(保護者同伴)     
期間 2年間
時間・回数 1回60分(入退室時間を含む)/年間40回     
入会金
7,000円
月謝
7,500円
教材費
入会時7,600円 以降半年ごとに5,400円

*表記の金額は税抜きです。*発表会等の催事参加費用を別途いただく場合があります。

 

 

体験レッスン・レッスン見学お申し込み

センターごとに予約を受け付けています。ご希望のセンターをお選びください。

*開講状況・時期によって、体験レッスンおよびレッスン見学を行っていない場合があります。

 

a